雑記帳

2021.04.16 Friday

小林良孝建築事務所

 

まだ少し寒さが残る春初めの頃

 

現地調査へ行ってきました

 

 

小林良孝建築事務所

 

築38年の約130戸からなる集合住宅

 

道路から一歩敷地に入ると石畳が続き

自然豊かな景観とともに人の暮らしが静かにそこにありました。

植物の維持管理が健やかに行われていて

とても理想的な住環境

 

 

小林良孝建築事務所

 

木製のポスト

 

設計当初からのオリジナル

利便性を追求すればステンレスが当たり前だけれど

周辺との調和をはかって木製を選択し

それが今なお使い続けられている。

 

とても愛着もって使われているのだなあと

あたりをぐるりと見回してそう感じました。

 

 

小林良孝建築事務所

 

足元に目を向けると水辺もあります

井戸水を循環させているそうです

 

人が心地よく暮らすための環境をとてもよく考えて

つくられた集合住宅でした

 

そんな場所での一住戸のリノベーション。

現在基本計画が終わり実施設計へと進めています。

2021.03.22 Monday

小林良孝建築事務所

 

京ケ峰の家の1年点検

 

大切に使われていて

1年前の竣工当時と変わらない状況に安堵

 

金属樋に落ちる雨音が心地よいこと

洗面台の下に製作したワゴンの使い勝手が良いことなど

クライアントからのお話で

家と暮らしが馴染んでいることが伝わり嬉しい限り

 

 

小林良孝建築事務所

 

家庭菜園でつくられたブロッコリーを分けて頂きました

 

早速茹でて美味しい旬を味わいました

 

嬉しいお心遣いをいつもありがとうございます

2021.01.19 Tuesday

小林良孝建築事務所

 

4年半を経た竹の山の家へ再訪

 

外壁の焼杉はノーメンテナンスでも

竣工当時と変わらない状態

 

 

小林良孝建築事務所

 

久しぶりに訪れましたが

クライアントの人柄に馴染んだ居心地の良い空間は

変わらずそこに居ました

 

 

 

小林良孝建築事務所

 

暮らしを愉しんでいる気配が

言葉にしなくても伝わって。

嬉しくなります

 

 

小林良孝建築事務所

 

コージーコーナーと名が付された一角。

 

機能を要求されていない場所。

 

なんでもないけれどなんにでもなれるところ。

 

クライアントらしいコーナーになっていました

 

 

 

小林良孝建築事務所

 

北側の明かりも穏やかに満たされて。

 

 

引渡後の再訪は自分たちにとってとても貴重な機会。

自分たちが描いた図面のなかの暮らしと

リアルな暮らしを照らし合わせる

色々な気づきを頂けます

そしてなにより元気そうに愉しく暮らしている家族の姿を拝見出来て

私たちにとってのご褒美のような時間でもあります

 

 

小林良孝建築事務所

 

2020.12.16 Wednesday

小林良孝建築事務所

 

京ケ峰の家の竣工写真をUPしました

 

 

小林良孝建築事務所

 

穏やかな時間のながれ。

 

 

今年の2月にお引渡

それとほぼ時を同じくしてコロナ禍の時代へ

 

家で過ごす時間の質が問われるなかでも

折りに触れ快適に過ごしていますと便りを頂き

とても嬉しかったです

 

まだ先の見通せない時期ではありますが

クライアントご家族の暮らしに寄り添える家であればと。

 

 

(photo:Shuhei Tonami)

2020.12.07 Monday

小林良孝建築事務所

 

田園調布の家の竣工写真をUPしました

 

 

小林良孝建築事務所

 

曇りの日も

トップライトからの淡い光が射し込みます

 

日々光の移ろいを感じられる

 

 

(photo:Shuhei Tonami)

アーカイブ